« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月 5日 (火)

その症状、「腎虚」が原因かもしれません!

 尿が近くなる、夜中に何度もトイレに行きたくなる、

尿意はないのに漏れてしまう、おしっこの勢いが最近弱くなった、

スッキリしないなど頻尿、尿もれの相談が増えています。

 頻尿の起こる原因としては、膀胱や前立腺など泌尿器系に病気が存在して

起こるものと、病気があるわけでもないのに起こるものがあります。

 緊張するとトイレに行きたくなったるする経験は、多くの方があると思いますが、

これはいわゆる神経性の頻尿です。

ご相談で最も多いのが歳を重ねることによる頻尿、尿漏れで、すなわち老化に

よるものといえます。

中医学(漢方)では、五臓のうち「腎」が主に体内の水分をコントロールしていると

されています。また「腎」は二便(大便・小便)をつかさどると言われ、尿の生成や

排泄は腎の陽気(腎陽)の働きによるものと考えています。

腎陽が不足している人は寒さの影響を受けて発汗量が減少したり、腎臓での

水分の再吸収がうまく行われず、尿量が増えます。また腎陽には膀胱の機能

を助けて尿が漏れないようにする働きがあります。

このような働きがある「腎」が弱った状態を「腎虚(じんきょ)」といい、

これを改善する方法を「補腎」といって漢方薬の補腎薬を使って腎の機能を

回復し体調や体質を改善します。

「腎虚」の症状には頻尿や尿漏れの他、腰痛、精力減退、耳鳴り、難聴、白髪や脱毛、

目のつかれ、かすみ、物忘れ、不妊など、その人によって現れるものが違います。

Img20190205_16372514s


ご相談は予約をお願いいたします。

あなたの笑顔と健康が願いです。
ヤマト漢方薬局
〒986-0850
宮城県石巻市あゆみ野五丁目5番地6
電話0225-94-6195
URL:http://www.yamato-kanpo.co.jp/

当店の漢方体験はこちらから

Bnr01kanpotaiken_2

S

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »