« 統合医療でがんに克つ2017年2月号紹介4 | トップページ | 花粉症対策 »

2017年2月27日 (月)

尋常性乾癬の相談

皆さま、お元気ですか(^o^)/

昨日は南東北中医薬研究会の定例会に出席してきました。

今年も中医学(漢方)の勉強会に出来る限り参加し、知識をより深めたいと考えています!

さて、最近皮膚病の中でも治療が難しい尋常性乾癬の相談が増えています。

皮膚科に何年も通院治療していても一向によくならない、医師からも治らないよ!と言われたという方が多いですね。

しかしながら西洋医学で治療困難な病気が漢方薬でよくなることがしばしば起こります。

皮膚病は正しい判断でその人に合った方法を使うことで改善につながります。

正しい食養生でさらに効果が現れます。

乾癬の症状は全身のいろいろな場所に、皮膚が赤くなってもり上り、表面に銀白色の「かさぶた」のようなものができて、ぽろぽろとはがれ落ちます。症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら経過します。

病態により、尋常性乾癬、適状乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症、乾癬性関節炎に分類されます。

尋常性乾癬の症例です。全身の皮膚が赤く出ていて痒みが酷い方です。

Img_3619

漢方薬を3カ月飲み終わった頃の皮膚の状態です。

皮膚赤みが少なくなり、痒みも気にならなくなりました。

Img_3944


この後も漢方薬を続けて、もうほとんど良くなったからということで

漢方薬の服用を終えました。

再発防止のため、食生活の改善とスキンケアが大切ですね!

あなたの笑顔と健康が願いです。
ヤマト漢方薬局
〒986-0815
宮城県石巻市中里3-8-5
電話0225-94-6195
URL:http://www.yamato-kanpo.co.jp/

当店の漢方体験はこちらから

Bnr01kanpotaiken_2

« 統合医療でがんに克つ2017年2月号紹介4 | トップページ | 花粉症対策 »