« 2010年あけましておめでとうございます(^o^)丿 | トップページ | 寒くなりましたね! »

2010年1月12日 (火)

頻尿・尿もれ・残尿感などおしっこの悩み解決!(^o^)丿

1 尿が近くなる、夜中に何度もトイレに行きたくなる、尿意はないのに漏れてしまう、おしっこの勢いが最近弱くなった、スッキリしないなど頻尿、尿漏れの相談が増えています。

頻尿の起こる原因としては、膀胱や前立腺など泌尿器の臓器に病気が存在して起こるものと、病気があるわけでもないのに起こるものがあります。

緊張するとトイレに行きたくなったりする経験は、多くの方があると思いますが、これはいわゆる神経性の頻尿です。 ご相談で最も多いのが歳を重ねることによる頻尿、尿漏れで、すなわち老化によるものといえます。

中国医学では、五臓のうち「腎」が主に水分をコントロールしているとされています。また「腎」は二便(大便・小便)をつかさどると言われ、尿の生成や排尿は腎の陽気(腎陽)の働きによるものと考えています。

腎陽が不足している人は寒さの影響を受けて発汗量が減少したり、腎臓での水分の再吸収がうまく行われず、尿量が増えます。  また腎陽には膀胱の機能を助けて尿が漏れないようにする働きがあります。

このような働きのある「腎」が弱った状態を「腎虚」(じんきょ)といいます。

腎虚には「補腎薬」という漢方薬を用い「腎」機能を回復すると同時に体調や体質を改善します。 ヤマト漢方 ふくあん先生 C_2

« 2010年あけましておめでとうございます(^o^)丿 | トップページ | 寒くなりましたね! »