« 嬉しいご対面(●^o^●) | トップページ | 男の子も頑張れ!(^o^)丿 »

2009年3月 2日 (月)

花粉症対策 その2

Tm_250024 早いものでもう3月ですね! 

今日も一日中風が強く、寒かったです。

中国医学では、春は風の季節と言われ、その風に乗ってやってくる花粉に悩まされる人が多く見られます。

中国医学では、花粉やウイルスなどの外敵から身を守る力を「衛気」(えき)と呼んでいます。身体を守る衛気は五臓の中で特に「肺・脾・腎」と深い関係があります。

「肺」は呼吸器系の他、体温調節や体液の代謝を司り、衛気のバリアを全身に張り巡らせる働きがあります。

「脾」は消化器系を司り、食べた物から栄養を吸収して気(エネルギー)に変換し、衛気もこの働きから生み出されています。

「腎」には生み出された気を貯蔵する働きがあります。

中国医学では、不足した気を補うものを「補気薬」(ほきやく)と呼んでいますが、その中でも衛気を養う生薬として知られているのが、「黄耆」(おうぎ)です。 黄耆は、花粉やウイルスに侵されやすい粘膜や体表部分を強化し、免疫力を高めるだけでなく、身体の状態に応じて免疫の過剰反応を抑えてバランスを保つ働きも兼ね備えています。

この黄耆が配合された補気薬に衛益顆粒(えいえきかりゅう)があります。

「衛気」を強化する「黄耆」に、胃腸の働きをよくする「白朮」(びゃくじゅつ)と風邪(ふうじゃ)の侵入を防ぐ「防風」(ぼうふう)を加えた衛益顆粒は花粉症の根本治療をめざす人におすすめの漢方薬です。(ヤマト漢方 ふくあん先生)

Tm_22

« 嬉しいご対面(●^o^●) | トップページ | 男の子も頑張れ!(^o^)丿 »

コメント

毎年ニュースで今年の花粉は去年の2~3倍と言っているので、いったいどれだけ花粉が増えるんでしょう…(-o-;)花粉症の人は年々辛くなっているのでは??(-.-;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬉しいご対面(●^o^●) | トップページ | 男の子も頑張れ!(^o^)丿 »