« ああーーーーーー!新車がーー(T_T) | トップページ | 嬉しいご対面(●^o^●) »

2009年2月25日 (水)

花粉症対策 その1 

Tm_61 花粉が舞う季節になりました。

花粉症はアレルギー性疾患で、これからの時期はスギ花粉によるものが多くなります。

毎年2月中旬から5月頃まで相談に訪れる人が急増しますが、最近の特徴はつらい時期だけ症状を抑えるのではなく、出来れば根本から治したいと訴える人が多く訪れます。

中国医学ではつらい時期の症状を緩和する治療、症状を抑える対症療法のことを「標治 ひょうち」 体質を改善する根本治療を「本治 ほんち」と言います。 これを平行してゆくことが重要になります。

中国医学には「急な時は標を治し、緩の時は本を治す」という原則があって、症状のつらい時期は標治を優先して、花粉の安定期で症状が出ない時に本治をしっかり行います。

花粉症を治すには、シーズン中だけでなく、シーズン前の緩和期に体質を改善して予防することが大切です。

中国医学では、花粉やウイルスなどの外敵から身を守る力を「衛気 えき」と呼んでいます。

不規則な食生活や寝不足、偏食や暴飲暴食による胃腸機能の低下、ストレスなどで衛気の力が不足すると、花粉やウイルスなどに対する抵抗力がなくなり、症状が現れると考えられています。(ヤマト漢方薬局 ふくあん先生Tm_82

« ああーーーーーー!新車がーー(T_T) | トップページ | 嬉しいご対面(●^o^●) »

コメント

花粉の出ない杉がつくられたらしいですよ!!花粉症の人には嬉しいことですね。でも増やすのに何百年もかかるそうです…

よくご存知ですね!
花粉症の方には喜ばしいことですが・・・・
でも、ちょっと時間がかかり過ぎですねぇ(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ああーーーーーー!新車がーー(T_T) | トップページ | 嬉しいご対面(●^o^●) »