« キターーーー!! | トップページ | 今年の目標(~o~) »

2009年1月16日 (金)

冬の冷え症対策

Tm_0410101 寒さが本格的になり、手足が冷えてつらいという相談が増えています。

手や足の冷えは女性や高齢に伴い多く見られます。また女性は男性よりも温度変化に敏感で、生理機能上も冷えやすいため予防対策が重要になります。

「冷え症」にはいくつかの原因が考えれれます。中国漢方でいえば、「気虚」と呼ばれる内蔵の働きの弱いケースです。胃腸や呼吸器が弱いと、エネルギーを作りだす力が不足し、体温が低めになり、手足が冷えて寒がりになってしまうのです。

気虚が長引き冷えるようになった状態を「陽虚」といいます。 陽虚以外にも血液が不足した「血虚」や血行のよくない「瘀血」の状態でも手足は冷たくなります。

中国漢方の冷え症対策は血液循環をよくするほか、全身の陽気(エネルギー)を高め、血液の量を増やすことを主に考えています。Tm_79

血行を促進する漢方薬としては、当帰を主薬にした婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)がよく使われます。Tm_3003002

さらに冷えが強い陽気不足の場合は参茸補血丸(さんじょうほけつがん)が効果的です。Tm_

参茸補血丸には、腎の働きを補い体力増強に効果のある鹿茸(ろくじょう)や血の不足を補う当帰や龍眼肉(りゅうがんにく)、気の不足を補う人参や黄耆(おうぎ)などが配合されています。

気血を補い、全身の機能を高めることで身体を芯から温めてくれます。(^o^)丿(ふくあん先生談)

« キターーーー!! | トップページ | 今年の目標(~o~) »

コメント

漢方は深いですねぇ~(≧ω≦)b

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キターーーー!! | トップページ | 今年の目標(~o~) »