« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月15日 (金)

我が家のバレンタインデー

080215_100801  みなさん、昨日はチョコレートを貰いましたか?

わたしは、そんなことはどうでもいい年なので、2月14日は特別の日ではないのですが・・・・・・・

しかし、ちょっとは気になるものですね!

わたしの場合は、娘からひょっとしたら貰えるのではないかと、密かに期待しておりました。

一週間ほど前から、夕食後には必ずチョコレートをパクパクと食べて、チョコレート好きであることをアピールしていたつもりでしたが・・・・・・・

仕事が終わり、家に帰ると・・・ジャーン!

テーブルの上には夕食と共に1個のチョコレートが置いてあるでわありませんか。

側にいる家族に、誰がくれたの?とわたしが聞くと・・・・

妻があなたにくれる人なんて、一人しかいないじゃん!と言うので

???娘??とわたしが尋ねると、・・・・・・

わたしよ!----------だって(・_・;)

あ、あーーーーーーーーーーー!

もうひとり、女性がいたんだ!(・o・)

側にいる息子二人も母親からチョコレートを貰ったようで、美味しそうに食べていました。

二人の息子に冗談半分で、学校で女の子から貰ったか?と尋ねると、小5の息子は学校には持ってきてはいけないんだってと話してくれました。

それはそうだね!

高校生の息子には、うーん、聞かないでおこう。

その時、ため息まじりに、妻がいいました。

「これから、ずっーーーと、買い続けなければ・・・・・・・」

3人の男のために、お母さん、ありがとう!(^O^)/    080215_104701

2008年2月 9日 (土)

1個28万のおにぎり!?

080207_115201  1個28万のおにぎりを食べたことありますか?

お味の方は、それはそれは超おいしいですぅ

実は娘に作ってもらったもので、その美味しさときたら、妻の作ったものとは比べ物になりません。

今朝、妻が忙しくしていたので、今日のお昼はどうしようかな?と一人言を言っていると、側にいた娘が、”おにぎり”作る?とにっこりと笑顔で聞いてくれました。

私はうれしくて、そうか! じゃあ、大好きなしゃけ(サケ)のおにぎりを作ってくれるよう頼みました。

娘が塩味と醤油あじのどちらがいい?と聞いてきたので、醤油味をお願いしました。

娘から作ろうかなんて、初めてかな、と幸せに浸りながら、どんな”おにぎり”ができるのかわくわくして待ってると、じゃあーん! デッカイノガ1個。 お昼は1個だけ? いやいや、この大きさなら十分じゃないか!わたしは納得しました。

お昼になるのが楽しみで、仕事をしていると、娘からメールが・・・・・・・

お父さん、自動車学校どうする? という内容が書いてありました。

そういえば、2,3日前から自動車学校のパンフみてたよなあ。 友達はもう取っている子もいて、遠慮して口には出さないけど自動車免許を取りたい気持ちは肌で感じていたし・・・・・・取るなら、この春休み? 

私が娘にお母さんは何ていってた?とメールを送ると・・・・・・

お父さんと決めて!と帰ってきました。

いいんじゃない? 取れる時に取っといたほうが・・・・・・・と私。

お父さん、お金は大丈夫? ・・・・・・・と娘。

やっぱり、そうくるか!!

2008年2月 5日 (火)

冬のかぜ対策

寒さが続いているためか、カゼのお客さまが増えています。

「カゼは万病のもと」ともいわれ、さまざまな病気を引き起こす原因となるので、カゼをひいてしまったら、とにかく早めに治すことが肝心です。

カゼの主な原因は中国漢方では、「風邪ふうじゃ」とい邪気が体に入るためと考えます。

それぞれの症状には特徴があるので、そのタイプに合った対処法を知ることが大切です。

そのなかで、簡単に3つのタイプに分けてみるとーーー青いカゼ、赤いカゼ、黄色いカゼがあります。

「青いカゼ」ーーー「寒」のカゼ32

   寒のカゼは、ぞくぞくとする悪寒や頭痛、関節の痛み、肩こり、透明       な鼻水などが特徴です。  カゼの初期にあたる症状で熱の自覚症状は軽く、汗もあまりかきません。

この時期のカゼは、体を温めて「寒」を取り除くことが大切です。

「赤いカゼ」ーーー「熱」のカゼ

08       熱のカゼは、発病したときから熱が高く、のどの腫れや痛み、黄色く粘りのある鼻水や痰、のどの渇きといった症状が現れます。

この時期のカゼは炎症を沈め熱を取りさる方法を使います。

「黄色いカゼ」ーーー「湿」のカゼ

Photo     湿のカゼはお腹のカゼ。胃のムカつきや吐き気、痛み、下痢、食欲不振など消化器系の症状が現れます。

  対処法は湿を取り除き、胃腸の働きを早く正常にすることが大切です。

  

それぞれのタイプ別に合った漢方薬をのむことで、症状が取れ、早く元気になることは確実です。ただ、カゼは変化か早いので、カゼの性質(タイプ)はよく変わります。必ず専門家に相談しましょう。ヤマト漢方

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »