« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

今日、娘が帰ってきます

今年から大学生になる娘がいます。高校時代から一人暮らしに憧れ、今春願いが叶い県外で生活することになりました。

父親としては引越し日が決まってから、寂しさと心配でなんとも言えない日々が過ぎていきました。電化製品や布団などは量販店や通販で購入し直接アパートまで配達してもらえるので引越しも妻と娘だけで行う事ができました。(本当は私も手伝いたかったのですが、仕事をしてくださいと・・・・・(:_;))

入学式も近いので娘は一人残り、昨日の夜妻だけが帰って来ました。

私としては妻の引越し疲れより、一人でいる娘の事が心配でなりません。ちゃんとご飯を食べているかな。うるさいと思われるかもしれないけど、ちょっとメールを送りました。

返事が返って来ました。  「新しい釜でごはん炊いて食べたよー」

ここまでは良かったのです。

元気かい?(まだ2,3日なのに)

すると、「元気とはいえないけど」・・・・・と返ってきました。

う~ん、やはり一人になり少し寂しいのかな。

今朝、妻と二人で、娘について話しをしていると、妻へ娘からメールが入りました。(父親にはこないのねえ(>_<) 小遣い以外は)

その直後に妻から娘へ電話が・・・・・・

妻が電話しながら泣いているではないか。・・・・・・・

どうやら娘は寂しくて涙が自然に出てきて止まらないとの事。

母親は貰い泣きしていたのです。

帰っておいでー。    えーーつ(゜_゜) (まだ、別れて20時間しか)

やっぱり、母親ですね。

普段から息子には甘く、娘には厳し過ぎると私がいつも不満を言っていたのに。

今日、娘が帰ってきます。ヽ(^o^)丿

2007年3月27日 (火)

アトピー性皮膚炎勉強会

3月25日(日)は私の所属している南東北中医薬研究会で、アトピー性皮膚炎の勉強会が仙台で開催されました。研究会では、今年一年、アトピー性皮膚炎を集中的に学習します。

講師の先生は、楊 達 先生(中医師・医学博士)  楊先生にはもう10年も前から楊達中医塾で皮膚病学の他、方剤学、診断学、中医理論など学びました。 ヤマト漢方薬局の10周年の記念講演も楊先生にお願いしました。

楊 達先生の講義は皮膚の写真を見ながら学習するので、理解しやすく、宮城を始め、福島、山形から研究会の先生方が参加され、会場は満員になりました。

皮膚病の勉強は繰り返し行う必要があり、夜閉店後のIP皮膚病通信講座を含め、お客さまに喜んで頂けるよう、頑張って行こうと思っています。

Img_1959_5   

2007年3月16日 (金)

中医皮膚病IP通信講座

当店では皮膚病の相談にも力を入れておりますが、より深い知識を身につけ治療技術を高めるため、パソコンを使ったIP通信の皮膚病専門講座を定期的に受講しています。お店が終わった後、午後8時からパソコンをつないで全国の漢方薬専門の先生方、そして本場中国の漢方医師(中医師)先生と勉強します。

今回は私の症例発表で、ニキビついて症例を検討しました。 専門部会だけに先生方のレベルは高く、よい刺激を受け大変勉強になりました。

本日もうれしい来客がありました。(^O^)/

生後2ヶ月の赤ちゃんです。子宝相談で漢方薬をのんでいただいておりました。顔はパパ似でそっくりです。女の子ですが、将来はパパのようにアウトドアの好きな活発な子になる予感がします。しかしよく寝る赤ちゃんですね!写真を撮る時以外は寝ていました。Img_1930_1

http://www.yamato-kanpo.co.jp/

2007年3月10日 (土)

子宝相談会

今日は本場中国の漢方医師をお招きし、子宝相談、不妊症相談を行いました。Img_1056_2

楊 暁波 先生といいます。中国雲南省中医学院卒業で中医師(中国漢方医)です。

もう10年以上も前から、婦人病、中医美容法などをご指導していただいています。

今日は数名のお客さまの相談をお願いし、私もその側で勉強させていただきました。

今日のお客さまもまた、うれしい報告が聞けるといいですね!

明日は研修会に出席のため、お店はお休みします。

2007年3月 6日 (火)

免疫力を強化し、カゼや花粉症を防ごう!

今日も花粉症の相談の方が多くお見えになりましたが、この時期、花粉症か、それともカゼなのかどちらか分からず薬を求めに来る方もいます。

同じ季節や環境にいながら、カゼや花粉症になる人とならない人、その違いは何なのでしょうか?

その原因は、身体の免疫力の強さと関係しています。中医学には、病気発生のメカニズムについて、正気が体の中に存在すれば、邪は犯すことができない。また、邪気が集まる所では、その気は必ず虚弱となる。といわれています。  「邪」は健康を邪魔するいろんな要素を指します。また、「正気」は身体の健康を維持する免疫力や抵抗力を指します。

病は気からという言葉がありますが、「気」は身体の免疫力に特に深く関係しています。 気虚(気の不足)、気滞(気の巡りが悪くなる)とカゼや花粉症にかかりやすくなります。

免疫力を強化し、気を充実させるには、「衛気」を充実させることが大切です。  衛気とは、身体の表面をめぐりバリア機能を担う気で、体外からの細菌やウイルス、異常気候などからの悪影響を防ぎ身体を守ります。

その代表的な漢方薬に衛益顆粒があります。  普段から飲んでいる方の中には、今年は花粉症の症状がまだ発症していない方も多くいらっしゃいます。

三月に入り、子宝相談のうれしい妊娠報告がすでに二件ありました。

お二人とも三十代前半で過去に流産の経験がありました。

一人の方は先生、私、妊娠しちゃったんです。と元気に入って来られました。わたしも思わず、嬉しく、にっこりしちゃいました。 昨年の10月下旬から漢方薬を飲んで頂いておりました。ご自身でもこんなに早くできるとは、と驚いていました。 もう、悪阻が出ているので、つわりにいい漢方薬も差し上げました。

もう一人の方は、対照的にあの、相談があるんです。と静かに入って来られました。

どうしたんですか?と尋ねると、今日病院へ行ったら妊娠していたんです。とおっしゃいました。 よかったですね! 静かな報告からも嬉しさがにじみ出る笑顔でした。 今年の1月から漢方薬をのんで頂いておりました。

三月に入ったばかりですが、良い出だしです。子宝相談、不妊症相談に力を入れて勉強を続けている効果がどんどん大きくなっております。   また、ドキドキするうれしい報告をお待ちしています。

http://www.yamato-kanpo.co.jp/

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »