« 「膝の痛み、足の痛み」のない楽しい毎日を! | トップページ | 赤ちゃんがほしい!「冷え症と不妊」 »

2006年11月10日 (金)

赤い顔、ニキビ、気になりませんか?

青春のシンボルと言われるニキビですが、発育段階において

ホルモンの過剰分泌で顔などの毛包が異常に発育し毛穴が詰り、

さらには細菌の感染を引き起こします。

症状としては、毛穴の部分が赤くブツブツしたり、

膿が出ることもあり、その部分を指で押してみると角質のようなものが出たり、

脂っぽい感じがします。顔面、頚部、胸背によく見られます。

思春期を過ぎても繰り返し出るものは、吹き出物または大人のニキビと呼ばれ、

口の周り、あご、頬、フェースラインなどによく見られます。

女性の場合には、生理前、排卵期にニキビが悪化することが多く見られます。

中国漢方ではニキビを体に“熱”(炎症)があると考え、

症状の重さに合わせて段階ごとに治療を行っています。

また、生活の中で刺激のある食物を避け、野菜や果物などをよく食べる。

ストレスを溜めない、適度の運動をして便通をよくするなどの

心がけも大切です。

« 「膝の痛み、足の痛み」のない楽しい毎日を! | トップページ | 赤ちゃんがほしい!「冷え症と不妊」 »