« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | うれしい自然妊娠、出産の報告が増えています »

2006年9月 7日 (木)

がんこな皮膚のかゆみ、湿疹から快方へ

皮膚病で悩んでいる方が年齢を問わず増えています。

皮膚病治療の第一歩は、まず自分の皮膚病が何なのかを知ることです。

それに対して正しい方法を用いることで、症状を緩和し完治することが十分可能です。そうした治療法の中で副作用が少なく、かつ効果的な方法のひとつとして、今、中国漢方が注目を浴びています。

中国漢方の理論では皮膚が内臓と密接な関係をもつことから、「皮膚は内臓の鏡」と言われています。また、中国漢方には医食同源という言葉があります。毎日の食生活の中で上手に組み合わせて使うことで、皮膚病の予防と治療に役立てることができ、こうした体質改善こそ中国漢方が最も得意とする分野なのです。

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | うれしい自然妊娠、出産の報告が増えています »